治療院のインターネット・マーケティング

よく「あの人嫌いだからなぁ」「僕、体動かす仕事好きじゃないんです」「私、計算するのは苦手だからなぁ」こんな言葉、友人、知人から聞いたことがありませんか?

仕事で好き、嫌いを言っている内は伸びません。

特に昨今聞くのは「パソコン」「インターネット」「Web」「どうも専門用語がやたら多くて面倒臭いな」「キーボード見るだけでやる気が失せる。嫌いだね」まぁ分かりますが、最低限の知識をお持ちになることをおススメします。知らないより、知っていた方が今後は治療院経営もオンラインで集客&リピート、の術もできるようになりますしね。

どの業界もオンライン、デジタルの情報、テクニックはこれから益々、不可欠になります。ちなみにスマホ持っているあなた、もうご存知ですね。それ「コンピューター」です。

下記にこれだけは身につけて欲しいインターネット・マーケティングを挙げときます。

・インターネット用語
・ダイレクト・レスポンス・マーケティング知識

・Gmail取得
・zoom開設&使用
・Facebook開設&使用
・サイト分析(グーグルアナリティクス)

コロナの影響で、ますますインターネットでの集客が主流になってきます。
あなたは、以下のインターネット・マーケティングしてますか?

1.ホームページがある(独自ドメインで作られているもの)
2.ホームページからの集客は、毎月、全新規患者数の60%以上ある
3.交通事故のページは別ページでジャンプするようになっている
4.求人サイト(リクルートサイト)別ページでジャンプするようになっている
5.SEO対策をしている
6.リスティング広告をしている
7.リスティング広告は費用対効果が出ている
8.口コミサイトに入会している(有料、無料問わず)

上記の8項目でいかがでしょうか?これ最低限、必要なインターネット・マーケティングです。

しかし!もう古いです。つまり「オールドスタイル」です。何を言っているのか?何が古いのか、何が新しいかと思われるでしょう。1~8の内、1~3はホームページです。ホームページとは、会社や交通事故治療をしている存在や案内です。そして1人治療院ですから、求人サイトは要りません。

5は不可欠ですが、効果を出すには半年から1年ぐらい掛かります。そして、6,7はそのホームページから広告を出すのですから、費用対効果はありません。8は有料でないとコスパはあいませんし、地域、立地によっては不要かもしれません。

では何が新しい、これからの治療院のインターネット・マーケティングでしょうか?
その答えは3つしかありません。

  • ランディングページ
  • SNS広告
  • SEO対策

ランディングページとは「LP」と呼ばれる1ページのものです。SNS広告はFacebook、Instagram広告です。SEOは不可欠ですが、今はGoogleマイビジネスという強い味方がいます。

この3つが、今後の治療院インターネット・マーケティングの主軸となります。